〒041-0808 北海道函館市桔梗5丁目26-1

函館三育小学校

1980年創立 函館で唯一の私立小学校

8つの特徴Unique characteristics

1. 心を育むキリスト教教育

本校の教育の土台は聖書です。朝の礼拝や土曜日の教会プログラムなどを通し、子どもたちが「私は神様に愛されている、かけがえのない存在だ」と理解することを目指します。
また、他者も同様であるという考えのもと、 他者の意見を尊重し、お互いに理解し認め合う価値観を養います。
三育教育についてはコチラ

2.1学年8名定員

人格形成の初期にあたる小学生時代、大人数の学校では、強さだけが助長されたり、貴重な個性を埋没させることがあります。
本校は1学年8名定員の少人数制です。これは転ばぬ先に手を差し伸べるためでも、行動を規制するためでもありません。 全ての子どもが教師との温かな個人的コミュニケーションを保ちながら、きめ細やかに、そして時には厳しく・・・子どもたち一人ひとりの良い部分を伸ばし、 個性豊かな人間を育成するためなのです。

3.複式学級、異学年合同授業

本校は、2学年複式学級編成です(1・2年、3・4年、5・6年でそれぞれ1クラス)。 一方が教師の指導を受ける間、もう1学年の子どもたちは自学自習の時間となり、自ら学び、考える力が身につくことが特徴です。
また、体育や音楽などは異学年合同授業を行うほか、縦割りグループでの活動も行います。 子どもたちは教え合い、助け合い、中身の濃い関わりを通じて真のコミュニケーション能力を身に付けます。

4.1年生から週3日の英語教育

本校では、ネイティブスピーカーによる週3回の英語教育を6年間実施します。 低学年ではオーラルコミュニケーションに重点をおき、聞く力・話す力を身につけます。高学年からはフォニックスを用いて読み書きの基本を習得します。

5.特別活動や校外学習が盛りだくさん

田植え、野菜や蕎麦の栽培などの自然とかかわる特別活動。全校児童参加の宿泊学習や、蒜沢河畔林再生プロジェクトなどの校外学習。 少人数制だからこそ、子どもたちは何事にも主体的に関わり、深い学びを得ます。 1年間の主な行事はコチラ

6.週6日制 ~ 土曜午前は教会に登校

土曜日は、五稜郭にあるセブンスデー・アドベンチスト函館キリスト教会に登校します。9:50から11:40まで、礼拝や聖句を使ったゲームなどを通じて聖書を学び、賛美歌を歌います。この時間は、一般の学校の道徳や音楽の授業にあたります。
希望する子どもはその後、11:40から14:00まで教会で過ごすことができ、美味しい昼食(100円)を食べたり、お友だちと遊んだりして過ごします。

7.夜7時までの学童保育

本校では放課後や夏休みなどの長期休暇中、校内にて、学童保育を実施します。幼稚園教諭・看護師などの資格を有するスタッフが、 子どもたちが安全に、かつ楽しく過ごせるよう見守ります。
(月額5,000円、長期休暇中は1期間8000円、1回800円、別途保険料)

8.スクールバスを運行

函館市内からの通学に、スクールバスを月額5,300円、1回320円で利用することができます。 2017年度の経路は、5号線新道→産業道路→北美原→美原→山の手→千歳→五稜郭→田家→5号線→大野新道です。※その年の利用者により経路は多少変わります。